So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

文章を読むタイミング [国語]

国語の読解問題において、問題の文章を読むタイミングについての質問を受けることがあります。
人によって全く言うことが異なるうえに、子どもによっても全然方法は違うので、一概には言えません。
ただ、一つ言えることは、「どれだけ得点が必要か」によって大きく変わってくるということです。

読解問題の「傍線部問題」は、「傍線部付近に答えがあるもの」と「傍線部から離れたところに答えがあるもの」に分かれます。
「傍線部付近に答えがある」場合は、「小問を解きながら文章を読み進める」方法で解けます。
ですが、「離れたところにある」場合は、一度文章を全て読んでおかないと、とても解きにくいです。

そして学校にもよりますが、どちらかといえば「傍線部付近」がもっとも解答の要素に深く関係しているパターンのほうが多いです。

以上から考えると・・・
例えば60%程度の得点率で良いのならば、「傍線部付近」のものを正解すればOKです。
よって、この場合は「小問を解きながら文章を読む」方法で問題が無いことになります。

一方80%近く必要ですと、そういうわけにはいきませんよね。
記述を一問まるごと落とす・・・なんてことはできませんから、「傍線部から離れた」問題も解かないといけません。
そうなると、「文章を最初にすべて読んでおく」ことが必要になります。

要するに、国語にどれだけの得点を求めるか?によって、アプローチそのものが変わるということです。
ただし、上述していますが受験校によって大きく異なることを忘れずに。

一般論に惑わされず、自分に合った方法を見つけたいところですね。
普段から試してみてください。

それでは、失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

◎教育相談受付中!

中学受験等、受験のご相談。
進路のご相談。
普段の学習のご相談。
教育全般、何でもご相談下さい。


宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15



nice!(0)  コメント(0) 

「復習」とは [教育全般]

「復習しなさい」と言ったり、課題として出したり。
色々な形で「復習」をさせるのですが、「復習」の仕方について言及する先生は少ないですよね。
「ノートを見直せばそれでよいの?」などと聞かれたりと、意外に「復習」に困っている子どもは多いように思います。

僕個人としては、「復習」の定義は「自力で一から解けるようになる」だと思っています。
具体的には、

問題を読み込む(これが意外と大切!)
→ノートや解説を見る…問題と照らし合わせながら!
→一旦最初から解いてみる…問題を読むところからシミュレーション!
→答え合わせ、直し
→少し時間(日にち)を置いて一から解いてみる
→答え合わせ、カンペキに解けていたら終了。そうでなければ繰り返し
(→その後、「復習」以外の宿題へ)

ここまでやって、やっと「復習」ではないかと。

ですから、「復習」が一番時間のかかる作業だと思います。
「やったー、宿題、授業の復習だけやー!」と喜んでいる場合じゃありません。
それ、ものすごく大変なことですから。

自分自身、中学・高校では塾に通っていなかったので、こなす問題数がとても少なかったんです。
ですから、「復習」だけが頼りで、それだけで大学受験に立ち向かいました。
「復習」さえ本当の意味で出来ていれば、学習内容はほぼ完結できます。
むしろ、「復習」こそが神髄です。

「復習」をおざなりにせず、本当の意味でこなしていってください。
必ずや、結果がついてきます。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

◎教育相談受付中!

中学受験等、受験のご相談。
進路のご相談。
普段の学習のご相談。
教育全般、何でもご相談下さい。


宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15



nice!(0)  コメント(0) 

本日の指導 ('17 11/16) [今日の指導]

今日は中学受験生の指導です。

算数は速さ。
受験する学校に必ず出題される内容でもあるので、丁寧に学習します。
特に進行グラフ(ダイヤグラム)は100%出るので、狙い撃ちです。
ダイヤグラムが問題にもともと書いてある学校は多くはないですが、啓明学院(兵庫県)などがそれにあたります。

その後、国語を少しチェックしてから、過去問演習に入ります。

さて、風邪気味の生徒がとても増えてきました。
この週末も急激に寒くなるようです。
体調第一に、目標へ向かって頑張りましょう。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

◎教育相談受付中!

中学受験等、受験のご相談。
進路のご相談。
普段の学習のご相談。
教育全般、何でもご相談下さい。


宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15



nice!(1)  コメント(0) 

「どうしてこんな解き方を思いつくの?」を大切に [教育全般]

問題の解説をしていると、こんなことをよく言われます。

「そんなもの、思いつくわけがない」
「どうやったら、こんな方法が思いつくんだ」

一見するとただの諦めの文言のように見えますが、僕はこの気持ちはとても大切だと思います。

新しく出会う問題・およびその解法は、その子どもにとってはとても新鮮。
そして新鮮であると同時に、自分の今までの思考回路からは離れたところにあることが多いです。
そういったものを、一から思いつくのは至難の業。
「そんなもん分かるかい」を思うのは当然なんです。

でもそこに気づけているからこそ「そんなもん分かるかい」になるわけで、
そういった生徒は、思考プロセスを説明すると興味をもって聞いてくれます。
そして、そんな生徒は理解しようとしてくれるので、伸びます。

世の中のテキストを見渡してみると、「解き方」は載っていても、それに至るプロセスはほぼ載っていません。
そのため、解法の暗記に終始しがちで、応用的な内容に対応しづらくなっています。
これは、子どもにとっても良くないですよね。
「こうしなさい」とだけ大人が言いつけて、そのまま放っているようなものです。
(会社組織で言えば、トップダウン型になるのでしょうか)
創造性なんて、あったもんじゃありません。

ですから、「どうしてこんな解き方になるのか?」は大切なんです。
むしろそれを理解してこそ、初めて「分かった」と言えるのではないでしょうか。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

◎教育相談受付中!

中学受験等、受験のご相談。
進路のご相談。
普段の学習のご相談。
教育全般、何でもご相談下さい。


宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15



nice!(0)  コメント(0) 

本日の指導 ('17 11/13) [今日の指導]

昨日はお休みをいただき、中学・高校の友人の結婚式に出席しました。
懐かしい顔ぶれでしたが、皆各分野で活躍しているので、話していて面白かったですね。
私立中高一貫校に行って良かった、と思う瞬間の一つでもあります。

さて、今日は夕方から、中学受験理科・国語の指導です。
理科に関しては、「水溶液」の続きです。
知識が定着してきつつある分野なので、覚えきってしまうつもりで頑張ってもらいます。
国語は、過去問(啓明学院 A)を与えてあるので、そちらの解説です。
「抜き出し」「書き抜き」などの指示が多い学校ですので、問題の読み落としが無かったかどうか、チェックです。
その後、余った時間があれば算数の過去問などをこなします。

それでは、今日はこのあたりで。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

◎教育相談受付中!

中学受験等、受験のご相談。
進路のご相談。
普段の学習のご相談。
教育全般、何でもご相談下さい。


宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -