So-net無料ブログ作成

課題は明文化せよ [教育全般]

最近、気づいたことがあります。

課題を出す場合、


明文化した方が達成率が高い


のです。


要するに、口頭で「~の~ページ、やっとけよー」と言うよりも、

ルーズリーフでも良いのでしっかり書いてあげた方が、

圧倒的に子供はしっかりこなしてくるのです。


これはなかなかに興味深いことで、

注目すべきことです。


学校の課題においても、しっかりページ数などを書いてあげるほうが、

提出率が高くなる可能性があるわけですからね。

それどころか、家庭での決まり事なども明文化すべきなのかもしれませんよ。


家庭教師という仕事柄、大人数で実験できていないので、

イマイチ説得性に欠けるかもしれません・・・。

ですから、塾などをやっていらっしゃる方に、是非実験していただきたいものです。


その際は、結果報告をいただけるとありがたいです^^


☆生徒さん募集中!

詳しくはこちら↓
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

じゅん

集団塾だとページ数を黒板に書き、書くよう言っても書かなかったり、書いた紙やノートを忘れたり無くす子もいます。塾によっては専門の用紙を用意している場所もあるのですが。口頭で言うよりはもちろん効果的ですが、やはり最後は生徒のやる気や性質によりますね(^_^;)
by じゅん (2010-12-11 13:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0