So-net無料ブログ作成

算数・数学を学ぶ意味 [教育全般]

算数・数学なんて勉強しても役に立たないよ、なんて良く言われますが・・・僕はそうは思いません。
役に立たない、と言う人は、算数・数学を学ぶ意味に気付けていないのではないかと思います。

たしかに、単純な計算はあまり役に立ちません。
九九の計算などはさすがに役立ちますが、方程式なんて大多数の人に影響はない。
だから、「役立たず」のレッテルを貼られてしまう。

でも算数・数学を学ぶ意味は、そこには無いと思っています。
僕が考えるに、「多角的な物事の事象の捉え方」を学ぶ科目だと思っています。

例えば、「点Aに関して点Bと対照な点を点Cとする」といった記述を見たときに、
「線分BCの中点は点Aだ」と考えられるかどうか。
そんな能力を養う科目だと思っています。

多角的に事象をとらえることは、事象の本質を理解することに当たります。
逆に言えば、事象の本質をとらえられていないと、多角的な説明もできない。
これって、生きているうえで、あるいは仕事をするうえで、とても大切な力ですよね。
算数や数学は、その力の養成に大きな役割を果たす科目だと考えています。

だからこそ、公式の丸暗記で終わって欲しくない。
公式の意味を考えてみるのも大切だし、もっと言えば「なぜその公式が使えるか?」なども考えて欲しい。
自分が教える上でも、時間の許す限り、そこを大切にしています。

苦手な人ほど、算数・数学を敬遠しがちです。
でもそれは、あなたが「オモシロイ段階」まで進めていないから。
粘って学べば、いつか必ずオモシロイと思えるときは来るし、自分の生活・人生にも生かすことができる。
そう信じています。

こんなことを、もっと沢山の子ども達に知ってほしいな・・・
そう思って、毎日授業や準備に励んでいます。


さて、本日は午前中から高校生の数学指導でした。
数Ⅱは「円の方程式」、数Bは「ベクトル方程式」です。
「円の方程式」では、数式を連立するだけでなく、図形的な意味も考えてもらいながらの指導でした。
「ベクトル方程式」は、点の存在範囲の分野です。
こちらも、図形的にしっかりとらえながらの演習をしてもらいました。

夕方からは、中学受験生の算数です。
今回はテストがイマイチだったとのことなので、その原因を探ります。
受ける前の手ごたえは良かったので、時間配分あるいは計算ミスかなと推測しています。
その後、今週末の模試対策です。

それでは、失礼いたします。



◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0