So-net無料ブログ作成
検索選択

本日の指導('17 5/31) [今日の指導]

5月も最終日。
今日は午前中から高校生の指導を行いました。
数学Ⅱ・Bです。

数Ⅱに関しては、図形と方程式の分野です。
といってもまだ直線くらいしかやっていないのですが・・・。
ポイントは、「いま自分が計算しているのは、図形で言えば何をしているのか」が分かっているかどうか、でしょう。
ここが分かっていないと、立てている式が無意味であったり、式の数が足りなかったり、色々な間違いをおかします。

数Bは、ペクトルです。
ベクトルは、とにかく始点の設定を誤らないことですね。
問題に即した形で、設定する。

この後夕方からは、中学受験の算数を指導します。
図形が続きます。去年、あまり得意ではない分野だったようなので、基本から確認していきます。

それでは、失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


2017年度 甲陽学院中学校 算数 第一日 大問1(2) ~本来の「相似」~ [中学受験算数]

2017052720170530_0000.jpg

さて、昨日の深夜にいろいろと入試問題を見ていたところ、良いネタを見つけたのでご紹介します。

タイトルにあるとおり、今年の甲陽の問題です。
斜線部分の面積を求めます。

甲陽を受ける生徒にとっては新鮮味に欠ける問題だったかもしれませんが、題材は良いですね。
「図形の相似」を利用します。
ただ、よく言われる「三角形の相似」では一切なく、本来の意味(形が同じ)での「相似」です。

まず、最も外側の斜線部を求めましょう。
これははっきり言いましてかなり簡単で、最大の正方形から最大の円を引けば良いだけです。
10×10-5×5×3.14=21.5㎠
さて、次はその内側に行きましょう。
ここでポイントは、「正方形の中に円が入っている」図形はすべて相似であることです。
この図にはそれが3つあり、それぞれに大きさが異なります。
そして、図形が相似であることから、「正方形の面積比」=「円の面積比」=「斜線部の面積比」です。
円の面積比を求めるのはちょっと難しいので、正方形の面積比を考えれば良いんですね。

正方形の面積比は、最大のものを1とすると、1:0.5:0.25です。
これは、中の正方形を回転させて

20170527_0120170530_0000.jpg

この図まで持ってこれば分かりますね。

では、答を出しましょう。
「正方形の面積比」=「斜線部の面積比」がカギですよ!
最大の斜線部が、21.5ですから、あとは小さい順に1/2倍していき、10.755.375です。

この3つを足し合わせて、答は37.625㎠
となります。

面積計算は、分数でも良いですね。
分数ですと、5.375を算出する計算が少し楽に感じると思います。


本日はこの後、中学受験理科・国語の指導です。
理科は電流の復習と、宿題にしている水溶液分野のテストです。
国語は、論理エンジンおよび入試問題の解説です。
時間があれば、算数の志望校対策も行う予定です。

それでは、失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


本日の指導(717 5/29) [今日の指導]

今日・明日とイレギュラーのスケジュールです。
普段から若干の余裕を持ち、かつ何パターンもシミュレーションをしているので、なんとか対応できています。

詰め詰めのスケジュールになる方が、多くの生徒の力になることができるようにも見えるし、僕の懐も潤う。
そんなことは分かり切っているのですが・・・
やはりギッシリ詰めてしまうと不測の事態が起こったときに、下手すればドミノ式に全員に迷惑がかかる。
そういうことは、起こって欲しくないのです。
だから、少し制限してスケジュールを入れています。
ご理解下さい。


さて、そんなイレギュラーの本日は、高校生の英語・化学・数学指導です。
ちょっと日にちが開いてしまったので、不明箇所が溜まっていると予想されます。
課題で与えてある英語長文をこなした後、塾の化学、学校の数学(数列・帰納法)の順に解説する予定です。
残ったぶんは、今週中に追加指導を行います。


あと一週間ほどで、本州も梅雨入りですね。
残り少ない晴れの日々を、楽しみたいと思います。
(紫外線が強いので、日焼け止めは欠かせませんね!)

それでは、失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


2017年の人間になろう [コラム]

僕はクラシカル(古典的)なモノ・手法を好み、保守的です。
CDはダウンロードせずに現物を手に入れることが美学だと思っていましたし、
書籍も書店で見て買うのが常識だと思っていました。

でも、最近考えが変わってきました。
CDも書籍も場所を取るし、飽きると処分も大変。
かなりの量の音楽や本を愉しむので、スペースの問題は結構深刻です。

だから、重い腰を上げてデジタルに移行していっています。
音楽はよほど気に入っているアーティスト以外はApple musicに頼ることに決めたし、kindleも近いうちに導入しようと思っています。

(Apple musicは中高時代の友人から、kindleはお世話になっている仕立て屋さんから薦められた)

あくまで2017年に生きる人間なのだから、2017年の人間らしく、時代に沿って生きようと考えたのです。

そうすることで、今まで以上に音楽や本を嗜むことができるようになれば、結果的には進歩したと言えますよね。
いつまでも旧い手法に頼り切るのは、もうおしまいです。
積極的に、「今」を生きようと思います。


さて、本日はイレギュラーでお休みです。
(生徒さんが運動会なので)
稀少な土曜の休日、有意義に過ごしたいと思います。

それでは、失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


本日の指導 ('17 5/26) [今日の指導]

さて、今日はイレギュラーで、中学受験理科→中学生英語・数学の流れです。

中学受験理科は、「水溶液」。
中でも、「水溶液の性質」と「溶解度」の分野です。
中和は次週の内容なのですが、一部重なる部分もありますので、そこはあえて考慮せずに教えてしまう予定です。
(去年に習っているはずですしね)

「溶解度」に関しては、化学分野で難しい内容の出題される学校を受験予定なので、少し高いレベルまで指導します。
具体的には、
・同じ溶質、同じ温度の飽和水溶液は、水の量に関わらず濃度は等しい
→「水の重さ:溶質の重さ」も等しい
こと等を中心に学習してもらいます。

その後、移動して中学生の指導です。
こちらは中間テストが終わりましたので、そちらの復習から入ります。
一部の科目において担当の先生が去年と変わっているので、テスト傾向のチェックも必須ですね。
それが終わったら、塾の内容の解説に入ります。


神戸は快晴です。
梅雨入りの足音も聞こえてきそうで、さらに言えばバテやすい時期ですが・・・
まずは夏休みを見据えて、特に受験生は計画的に学習していきましょう。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


白陵中学校 前期入試に関する変更 詳報 [中学受験全般]

さて、先日のblogでもお伝えしましたが、白陵の入試が変わります。

以下、学校のHPをご参考下さい。

白陵中学校・高等学校

国語に関しては、文法・語句の問題がかなり増えます。
大問一問がまるまる語句に割かれるので、配点も結構大きなものになりそうですね。
今までは読解力に重点を置いていたと思われる白陵受験生ですが、語句も丁寧にこなさなければならなくなりました。

算数に関しては、一次・二次をくっつけたような問題になりそうです。
前半に基本問題、後半に応用問題が並ぶと思われます。
応用問題に関しては、深い思考・論理的な思考の必要な問題が出題されるでしょうから、
白陵受験生は引き続き、高いレベルの複雑な問題の対策も必要です。


さて、本日は定休日を頂いております。
まだ寝違えた首が痛むので、無理のない一日にしたいと思います。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15




寝違え [コラム]

さて、今日は朝から高校生の指導でした。
数学がメインだったのですが、物理に関して質問を受けたのでアドバイスをしました。
内容としては、「身の回りの現象ともっと結びつけた方が良い」旨を伝えました。
そうすればもっと公式が頭に入るようになるよ、と。
意外に自分では思い至らなかったことらしく、ちょっとしたブレイクスルーが起こったように思います。
彼の頑張りが楽しみですね。

夕方からは中学受験算数の指導で、今その道中です。
内容としては図形分野で、面積へと入っていくところです。
テストの復習も欠かせません。

さて、個人的なことなのですが寝違えを起こしてしまいました…
数年に一回、大きな寝違えをします。
中学の時の一回はあまりにひどく、首が傾いたまま動かなくなりました。
どうやら筋肉の炎症らしいので、安静第一ですね。
と言っても、寝ている間に安静にしているかどうかなんて分からないのですが…

それでは、失礼いたします。

この時期の模試(大学受験生向け) [教育全般]

先日、河合塾の全統模試がありました。
実は、僕は全統模試を受けた経験がありません。
出身高校が、受けない方針だったからです。
(駿台模試は毎回受験することになっていました)

そんな全統模試ですが、この春休みから学習を始めた高3生の中には、最初の大規模模試となった学生も多くいたのでは?
そして実際に模試を受けてみて、自分の学力が全く足りていないことに絶望感を抱いた人も少なくないはず。

でも、ご心配なく。
あなた方は、まだたったの2か月程度しかマトモに勉強していない。
推薦入試は別として、大学入試は1~3月が勝負です。
そう、まだ7~8か月はあります。
あなた方が必死に過ごした2か月は、受験勉強のたった20%程度にしか過ぎません。

だから、落ち込んでいる場合ではありません。
せっかく受けた模試の内容を精査し、これからの7~8か月に生かすべきです。
具体的には、「解けたところ」と「解けなかったところ」、そして「解けそうで解けなかったところ」を把握しましょう。
「解けたところ」は、あなた方の学習の成果が出ている部分です。自信をもって、得意な内容・分野にしてしまいましょう。
「解けなかったところ」は、今後基礎から学習を進めていくべき分野です。たっぷり時間をかけて学習しましょう。
そして、「解けそうで解けなかったところ」は、おそらく、あなた方が「学習したつもり」になっていて、身についていない分野です。
この、「解けそうで解けなかったところ」が一番あなた方にとっての「落とし穴」であり、逆に「伸び代」でもあります。
詰めが甘いだけです。もう一息踏ん張れば、必ず自分のものになります。頑張りましょうね。


さて、本日は大学受験生の指導です。
試験中ですので、試験の内容を受験の内容と絡めつつの指導になります。
それでは、失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15



200年ぶりの、新しい「青」 [コラム]

アメリカで、新しい「青」が生まれたそうです。

「新しい青」200年ぶりに発見

青い色素が生まれるのは200年ぶりで、1802年にフランス人が「コバルトブルー」を発見して以来のことだそう。

発見したのは、オレゴン州立大学のマテリアル分野の研究者。
電子工学に活用できそうな材料の研究をしていたときのこと。
酸化イットリウムと酸化インジウム、少量の酸化マンガンを加熱し、その混合物を炉から出してみると・・・
鮮やかな青になっていた、といった経緯のようです。
そしてその発見経緯ににちなみ、イットリウム(Y)、インジウム(In)、マンガン(Mn)の元素記号を組み合わせ、「YInMnブルー」と呼ぶことになりました。

また、赤と緑の波長が完全に吸収され、青の波長だけを反射するという特殊な構造の化合物であることから、
新色は非常にくっきりした青の色合いだそうです。
加えて安定性も高いために、色も褪せにくく、さらには毒性もない。
非常に有用な色素ですね。

青の波長を反射することから、紫外線を反射します。
そこを活用しようとする動きも、すでに起こっているようです。


科学分野での発見は「偶然」であったり「けがの功名」であったりすることが多いのですが、
今回の件もまさにそれですね。
ただ、その「偶然」に至るまでに多大な努力が払われていること。
また、その「偶然」を見逃さない洞察力・そこから研究を広げる能力は、やはり熟練の研究者たる所以ではないでしょうか。

結果的には「偶然」のように見えますが、誰でも見つけられる「偶然」ではなかったように思います。


さて、本日は中学受験算数・国語の指導です。
先週から、国語にも多めに時間を割いています。
入試演習の解説をしつつ、問題の解き方・文章の読み方の二つを並行して教えていきます。

それでは、失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15






人生に限りあり [コラム]

昨日のニュースで、一人のアーティストの死が報じられました。
そのアーティストとは、クリス・コーネルというボーカリスト。
いわゆる「グランジロック」と呼ばれる退廃的なサウンドを奏でるジャンルの第一人者と言っても過言ではない人物でした。

今の僕からは想像できないかもしれませんが、実は大のロック好きで、特に学生時代はハードロック・ベビーメタルを好んで聴いていたものです。

話を戻しますと、そんな才能あるボーカリストだったクリスですが、どうやら自ら命を絶った…とのことです。

去年くらいから、偉大なアーティスト達の訃報が相次いでいます。
Emerson, Lake&Palmerのキース・エマーソンやグレッグ・レイク、Asiaなどで活躍したジョン・ウェットン、そしてデヴィッド・ボウイも。
皆才能ある人材で、その分野では、無くてはならない存在。

でも、それでもいつか人生は終わる。
毎日過ごしていると忘れがちですが、いつかはその日々にも終わりは来ます。
終わりの時に、後悔しない人生に出来ているだろうか?
そんなことを考えました。

一瞬一瞬を大切に、最大限に活かさなければなりませんね。
そのことを心に留めて、今日も頑張りたいと思います。
 
さて、本日は高校生の数学化学→中学生の英語数学、の流れです。
高校生は試験前、中学生は試験後。
高校生は試験対策(と言っても高3なので気にしすぎることはありませんが)、中学生は塾の内容の確認です。

それでは、失礼いたします。