So-net無料ブログ作成
検索選択
中学受験全般 ブログトップ
前の10件 | -

「意味」は理解すべきか否か [中学受験全般]

本日は、中学受験の話です。

先日、「速さにおける逆比が成り立つ理由をきっちり理解しておくべきなのか」という質問をいただきました。
結論から言いますと、理解していなくても良いとなります。

実際、とても算数のできる子どもに質問してみても、的を射た返答が返ってくる可能性は低いと思います。
おそらく、「だってそりゃそうでしょ?」といった旨の言葉が返ってくるのが予想できます。
そんな子どもたちでも十分に算数の問題に取り組んでいるわけですから、「意味」が説明できないことはさほど大きな問題ではないと思います。

ただ、「肌で感じて」おく必要はあります。
この部分が弱いと、例えば「距離が違う」のに「速さと時間が逆比」としてしまったりします。
これは一度具体的な数字を例に出して理解しておけば良いでしょう。
子どもに対しては、法則を教え込む「演繹」的な指導よりも具体的な体験として学ばせる「帰納」的な学習のほうが効果的ですからね。

様々な問題の解法を頭に入れていく上で、「なんとなく」原理が分かってくる。
そんなものだと思います。
ですから、小学生のお子様をお持ちの方は、あまり子どもに「意味」を求めすぎないでくださいね。


さて、本日は中学受験理科・国語です。
理科は、滑車・浮力。かなりヘビーな分野ですね。
ただ幸い、細かい計算が出題される学校を受験する生徒ではないので、簡単な問題を確実に解けるように持っていきます。
時間があれば算数もやりたいところですが、おそらくそこまではたどり着かない気がします・・・。

それでは、失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

◎教育相談受付中!

中学受験等、受験のご相談。
進路のご相談。
普段の学習のご相談。
教育全般、何でもご相談下さい。


宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15



白陵中学校 前期入試に関する変更 詳報 [中学受験全般]

さて、先日のblogでもお伝えしましたが、白陵の入試が変わります。

以下、学校のHPをご参考下さい。

白陵中学校・高等学校

国語に関しては、文法・語句の問題がかなり増えます。
大問一問がまるまる語句に割かれるので、配点も結構大きなものになりそうですね。
今までは読解力に重点を置いていたと思われる白陵受験生ですが、語句も丁寧にこなさなければならなくなりました。

算数に関しては、一次・二次をくっつけたような問題になりそうです。
前半に基本問題、後半に応用問題が並ぶと思われます。
応用問題に関しては、深い思考・論理的な思考の必要な問題が出題されるでしょうから、
白陵受験生は引き続き、高いレベルの複雑な問題の対策も必要です。


さて、本日は定休日を頂いております。
まだ寝違えた首が痛むので、無理のない一日にしたいと思います。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15




白陵中学校 前期入試に関する変更 [中学受験全般]

Breaking news、速報です。

兵庫県にある白陵中学校ですが、来年1月(平成30年度)募集より、前期入試を変更するようです。
従来は、
算数・・・一次40分、二次50分の計90分、100点満点
国語・・・60分、100点満点
理科・・・60分、100点満点
の均等配点だったのですが、30年度より
算数・・・70分、100点満点
国語・・・70分120点満点
理科・・・70分、100点満点
となるようです。

詳細は説明会でお話があるようです。

急な話で、驚いています。
しかし、国語力を重視する姿勢は評価します。
あらゆる物事をこなす上で、国語力は最も大切。
また、試験時間が長くなったことで、より深い考察の必要な問題が出題されるかもしれません。
深い考察が必要=国語力が必要ですから、これも国語力重視のスタンスの現れですね。
ちなみに、学校HPでもお知らせが出ています。

受験生の方々は、大きな不安を覚えるかもしれません。
でも、みなさん同じ条件です。
ですから、普段から考察を大切に、ただの丸覚えにならないよう学習することが合格への近道かと思います。


さて、本日は中学受験算数です。
志望校対策の時間も確保せねばなりませんので、ポイントを押さえた指導を心がけます。

それでは、失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15




模試の復習、全部やる? [中学受験全般]

中学受験塾は、大手のところは独自の模試を持っています。
例えば、日能研の公開模試などですね。
昨日の指導でも、その公開模試の復習をしてきたわけですが・・・
模試の復習といっても、「全問やらなきゃダメなの?こんな問題解けるようになるはずないんじゃない?」
と思われる方も多いのではないでしょうか。

結論から述べますと、全部解く必要は全くありません
では、どのあたりの問題を解けば良いのかと言いますと、正答率が参考になります。
概論を述べますと、

・偏差値65~70程度の学校・・・正答率5%以上
・偏差値60~65程度の学校・・・正答率20~30%以上
・偏差値55~60程度の学校・・・正答率30~40%以上
・偏差値50~55程度の学校・・・正答率40~50%以上
・偏差値45~50程度の学校・・・正答率50~60%以上
・偏差値40~45程度の学校・・・正答率60~70%以上
・それ以下の偏差値の学校・・・正答率70%以上
(偏差値は日能研R4[=合格率80%]、正答率は日能研公開模試を想定)

ぐらいが目安ではないでしょうか。
もちろん、科目によって得意・不得意はありますので、そのあたりは調整してください。
また、正答率からすると復習の必要がなくても、そこから関連する基礎事項の復習は必要な場合があります。
ですが、基本的には全問やっていると時間がもったいないです。
自分に必要な内容を効率よく復習しましょう。


さて、本日は高校生の英語・数学です。
時間があれば、化学(電気分解・電池)も指導する予定です。

それでは、失礼いたします。

◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


2017年度中学入試を控えた皆様へ [中学受験全般]

前回のblog更新が、10月の27日・・・。
実はそこからさらに授業が詰まってしまい、気づけば1か月半経過していた、そんな感覚です。

2017年度の中学入試はすでに始まっていて、明日17日も岡山中など、岡山県を中心に入試が実施されます。
岡山県は昔から入試日程が早かったのですが、最近はその早さに拍車がかかりましたね。
確かに、1/4などの三が日直後に実施するよりは良いのかもしれませんが。
それにしても、終業式よりも早く入試があるのは、何かヘンな感じがします。

兵庫・大阪統一日程までも、一ヶ月を切りました。
今年は1/14で、やはり大学入試のセンター試験と同じ日程です。

インフルエンザも早くも流行しているようです。
例年ですと、入試の後に流行ることが多いのですが・・・今年は要注意ですね。
インフルエンザにかかっても保健室などで受験は可能ですが、力を100%発揮することは難しいです。
予防接種をしていても罹りますので、「よく食べる」「よく寝る」を意識して一ヶ月弱、過ごしましょう。
ここからは、学習時間の確保よりも体調の維持を重視すべきです。
体調のすぐれない日は塾も休めば良いです。

また、塾を休んで自主学習することも視野に入れて下さい
特に、塾に志望校対策講座の無い場合。
塾に行って志望校の傾向と違うことをするのは、はっきり言いまして時間の無駄です。
また、塾に通うことで体力も消費しますし、さらに言えば風邪やインフルエンザへの感染リスクも高まります。
不安になるお気持ちも分かりますが、塾に振り回されないようにして下さい。

残りの時間は限られていますが、共に頑張りましょう。

◎来年度生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15



解法の独り歩き [中学受験全般]

「つるかめ算」
「和差算」
もう少し細かいところで言えば、
「和一定」
「差一定」
などなど。

中学受験・・・特に算数では、いろいろな解法を学びます。
解法が多くて覚えるだけでも大変なくらい。

ところで、あなたのお子さまは、「テキストでは解ける」のに「テストでは解けない」現象に陥っていませんか?
それはもしかすると、「解法の独り歩き」が起こっているかもしれません。

子どもの中には、復習をするときに、解法の確認だけで終わってしまう子どもがいます。
例えば、つるかめ算はこうやって式をたてて・・・で、そこだけの復習で終わる。
つまり、いつ、どんな時につるかめ算を使うか分かっていない

言ってしまえば、箸の持ち方は分かるけど、その箸を何に使うか分かっていない状態なんです。
このパターン、とても多いです。
もちろん、これでは出来るものも出来ません。

こういったことが起こってしまうワケは、「問題を読めていない」ことにあります。
つるかめ算であれば、つるかめ算のパターンの問題の状況がどんなものか・・・そこに気を配れていないんですね。

ですから、ご家庭で復習・演習をさせるときは、必ず問題の意図を掴めているかどうかを確認してください。
「どんなことが起こっているの?」と質問するだけでも、大きく変わるでしょう。
そして慣れてきたら、様々なパターンの文章題をバラバラにさせてください。
ここでつまずくようですと、題意を掴まずに解いていた可能性があります。
もし題意を掴めていれば、順不同に問題で出てきても、どの解法を取れば良いか分かるはずです。

成長してしまったオトナには理解しがたいのですが、小学生くらいですとよくある話です。
是非一度、以上の点に注意してお子様の学習をみてあげてください。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

現在のスケジュールはこちらです。

スケジュールについて('16 7/2 改定)

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


塾無しの中学受験 [中学受験全般]

中学受験に限った話ではないのですが・・・
塾に通わずに、受験をしたいという生徒さんを何人も受け持ってきました。
現時点でも1名いらっしゃいますし、今後1名増えるかもしれません。

ここには、中学入試対策塾の問題点が現れているように思います。
今までにお話しを頂いた問題点を、数点挙げてみます。

・授業が個人個人に合っていない
小学生はやはり頭脳面でも発達段階にありますので、個人差が大きいです。
また、得意な思考・不得意な思考の差も大きく、同じように全員を指導することは、不可能に近いです。
さらには、集中力も集団授業では保てない子も少なくありません。
ですから、集団授業では取り残されてしまう子どもが多いのが現状です。
加えて、小規模塾の場合はもっと深刻です。
人数が少ないために、クラス分けも大ざっぱなものとなります。
すると、自分のレベルに合わないクラスに入れられる可能性が、高くなってしまいます。

・講師によって指導法が異なる
軽視されがちですが、現場視点ですと大きな問題とすべきなのがこちら。
例えば、算数を例に挙げましょう。
塾にもよりますが、算数は週に2回程度授業があることが多いです。
その場合、時には講師が2人に分かれます。
塾の中で解法が決まっていれば良いのですが、そうでないことも多く・・・
どうしても異なった解法で教えることになります。
すると、小学生くらいですと解法の取捨選択が出来ないのが普通です。
混乱してしまうんですね。
今まで解けていたものが、解けなくなったりすることも・・・。
また、学年が変わったときに講師も変わります。
するとやはり、指導法は変わってしまうんですね。

・志望校対策をしてくれない
これは皆さんに当てはまるわけではなく、以下の場合に起こります。
・小規模塾の場合
人数が少ないために、志望校用のクラスを作ることができません。
すると、最後まで志望校で出題されない内容をやらされたり、肝心な部分を放っておかれたりします。
・受験生の少ない学校や難関校以外を志望する場合
塾もやはり商売ですから、実績を欲しがります。
するとどうしても、難関校に目が行きがちです。
難関校のコースはどこの塾にもありますよね?そういうことです。
でも、自分の受けたい学校のコースは、ありますか?
もし無いならば、その塾に行っても満足できる対策はしてくれません。

・拘束時間が長すぎる
拘束時間が長いと、まず自主学習ができません
試験で問題を解くのは自分ですから、自主学習の時間は絶対に必要です。
また、そもそも授業が分からない(レベルが合っていない)のに、拘束時間が長いのは最悪です。
復習もできず、それでも分からない授業でどんどん進まれてしまう・・・。
これでは、意味がありませんよね。
親は塾に通わせると安心しがちですが、むしろ理解度を確認することが大事です。
通わせるだけでは意味がありませんし、子どももどんどん体力・精神を消耗していきます。

・科目ごとにクラスを変えられない
塾は意外と組織としてカタイことが多く、なかなか柔軟性を求めるのは難しいところです。
例えば算数がすごく得意な一方、国語がとても苦手だったとしましょう。
この場合、算数だけ上のクラスに入れてもらうことが、出来ない塾がとても多いです。
なぜならば、クラスは全科目の平均順位で決定されるためです。
算数だけハイレベルな指導を受けようと思えば、皮肉にも他塾で算数だけ受講する羽目になったりします。

などなど、様々なお話しを伺っています。

そもそも塾に行くだけでも、時間と体力を使います。
ですから、あまりにもデメリットが多いと感じた場合・・・
他の手段を検討されるべきだと思います。
その時間と体力が、無駄になってしまうことが多いからです。

「塾に通わせればおしまい」
多くの人が抱く中学受験への考え方を、改めたいと考えています。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

現在、スケジュールが埋まり始めています。
お早目にご相談下さい。
あと1~2人ならば確保できそうです。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


中学受験って、何? [中学受験全般]

色々な生徒を教え、その保護者の方と話すうちに、分かってきたことがあります。

中学受験のことをほとんど知らない方が多い

ということです。

考えてみれば自分の両親もそうで、塾だけで十分だと考えていましたし、
学校のレベルのことも全く知らなかったと思います。
子どもながらに「うちの両親は無関心だ」なんて思っていたのですが、今考えるとそれが当たり前なんですね。
中学受験を経験された保護者の方ならば、別なのかもしれませんが・・・
それでも、やはり時代は変わっていますので、戸惑う方が多くいらっしゃいます。

そこで、よくある疑問についてちょっとご紹介してみます。
主に関西の方が対象です。


・併願などはできるの? どれくらいするものなの?
併願は可能です。
ただし、兵庫・大阪は入試日が統一されていますので、その場合は併願できません。
その他の府県は、入試日がズレています。
例えば岡山は統一日よりも2週間近く早く、逆に奈良・京都は数日遅いです。
また、遠方の学校から近畿圏に出張会場が出ていることがあります。
中でも愛甲の大阪会場などは、灘や甲陽の生徒が良く併願します。
愛甲の入試は統一日より早く、前受け(試し受験)に最適です。

加えて、近畿圏でも後期・中期日程を設けている学校が多くあります。
ご紹介しきれる量ではないので割愛しますが、僕の指導を受ける方には併願の実例なども全てお教えしています。


・塾はどこが良いの? どこまでやってくれるの?
どこの塾が良いかは、断言できません。
向き不向き・どの科目を重視するか・志望校によって大きく変わってくるからです。
いくら良い塾でも、自分の受けたい学校の対策が不十分だと、意味がありません。
また、家から遠すぎるのも考えものです。
小学生にとって、遠方への通塾は体力的にも辛く、また学習時間が削られてしまいます。

ただ一つ言えることは、個別塾でもない限り、塾はサポートや細かいフォローまではやってくれません。
担任がいて、苦手分野などを把握してくれていることはあります。
しかしそこからのフォローは、してくれません。
ですから、放っておくと分からない部分がどんどん増えていくのは、どこに通っても同じです。

僕自身も塾だけで中学受験をしましたが、やはり分からないことをそのままにしていました。
質問する時間もなく、両親に聞いても絶対に分からないからです。
誰も見てくれないので、自己解決するしかありませんでした。
人を教え始めてからやっと、小学生のときの自分の学習の不十分さに気付いた次第です。

塾で習ったことを理解し、塾を最大限に生かすのならば、家庭教師をつけるなりすることをオススメします。
費用は掛かってしまいますが・・・
ちなみに、学生の家庭教師をつけると、逆に混乱を招くこともあるのでご注意ください。
経験が少ないため、問題の解き方が塾に合っていなかったりします。


・いつから塾に通えば良いの?
まず、小学校5年生から通いだすと、かなり厳しいです。
5年生からは本格的に受験の内容に入り始めますので、下地がないと付いていけません。
遅くとも、4年生からの通塾をお薦めします。
4年生の間に学習習慣を身に着け、5年生以降に臨むのがベストかと思います。
それまでは、英語塾やサイエンス・ラボなどの科学実験塾が良いでしょう。
「体験型」がオススメです。


・どうやって学校を選べば良いの? 結局どこが良いの?
学校は、基本的には校風を重視してください。
校風が合っていないと、入学後に苦労します。
事前に文化祭で学校を見に行くなどして、必ず学校の方針・生徒の雰囲気を掴んで下さい。
在校生・OBに話を聞くのも良いでしょう。
レベルのことを考えるのは、その後で良いと思います。
これは併願校でも同じことです。
行っても良いかな?と思える、校風の合った学校を受験して下さい。


以上、こんなところでしょうか。
またご質問ございましたら、お気軽にどうぞ。
中学受験以外でも、色々と情報を持っています。

本日も授業です。
中学生の英語・社会をメインに見てきます。
社会は地理なので、「地形」「気候」と「文化」「習慣」の繋がりを説明し、楽しく覚えていってもらいます。
このあたりで失礼いたします。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

現在、スケジュールが埋まり始めています。
お早目にご相談下さい。
あと1~2人ならば確保できそうです。

宜しくお願いいたします。

◎連絡先
メール:
leo.knowledge.is.power@gmail.com
返信のない場合、vincit.qui.patitur.leo.f◎ezweb.ne.jp(◎を@に変更してください)までご連絡下さい。

電話:
090-6234-9080
返答の無い場合、携帯電話よりメッセージを送信してください。

facebook:
https://www.facebook.com/leo.edu.lab/

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


2016年 中学入試結果 & 問題解説次回予告 [中学受験全般]

みなさん、こんにちは。
今年の中学入試も、発表含め終了いたしました。
僕の受け持っていた生徒の合格校は・・・

洛南高附・甲陽学院・西大和・岡山白陵・大阪桐蔭(英数選抜)・甲南女子(スタンダード)・武庫川女子(スーパーサイエンス)・滝川第二(特進)・北嶺

でした。

今年は結構厳しい状況になる場面が多かったのですが、それでも最後までついてきてくれたことに感謝しています。
大きな壁を乗り越えたこの経験は、必ずこの先を生きる上での糧となるでしょう。

本当におめでとうございます。そしてお疲れ様でした。


さて、話しは変わりまして、次回予告です。

次回は・・・

10-2.jpg

こちらの問題を、数回にわたって解説します。
3つの解法を、現段階で思いついています。

ご期待下さい。


◎生徒募集中!

中学受験・中高一貫フォロー・高校受験・大学受験など。
現在、スケジュールに余裕があります。
特に中学受験はレベル不問。
お気軽にご相談下さい。

また、不登校のお子様もご相談下さい。

宜しくお願いいたします。

連絡先
leo.knowledge.is.power@gmail.com

詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15

2015年 中学入試結果 [中学受験全般]

こんばんは。

中学入試が終わり、約一ヶ月。今年も生徒さん達は頑張ってくれました。今年の合格校は、

東大寺学園・洛南・西大和・六甲・須磨学園・岡山白陵

でした。(併願含む)
皆様、おめでとうございます。良い中学・高校生活を送って下さい!努力した経験は、必ず糧となるでしょう。

さて、今は大学受験の指導・及び来年の中学受験へ向けての指導に専念しております。現時点では、東京薬科大(生命医科)への合格が1名、決まりました。
今年は国公立の生徒さんがいらっしゃいますので、2月下旬までのロング・ランです。日々弱点補強を行っています。
特に理系の生徒さんなので、化学の天然有機や高分子の分野で、まだ未消化な部分があります。アミノ酸やたんぱく質も非常によく出題される学校ですので、こちらを中心にやっています。

並行して、今年の中学入試問題を解き進めています。現在は灘・東大寺・大阪星光までは精査し終えています。この後は甲陽学院・洛南などの予定です。後日、また解説や感想などを記します。
生徒さんの募集ですが、随時受付中です。ただし申し訳ありませんが、先述の通り、2月の下旬までは大学受験生がいます。そのため例年よりもスケジュールが空きにくくなっております。ご了承下さい。

体験授業、ご相談。どんどんお待ちしております!

連絡先
leo.knowledge.is.power@gmail.com


詳しくはこちら
http://leo-edu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-15


前の10件 | - 中学受験全般 ブログトップ